大阪ではそれなりに見える状態の女装なら普通に扱ってくれます

セクシーな女性

少しずつ変えるのが女装の上手なやり方

男性の心の中に少しでも女の子の気持ちが入っているのなら、女装に興味を持ったとしてもまったくおかしくありません。服装で女の子っぽく振る舞うのは女性らしさの象徴といえますので、そのためにいろいろな服を探します。ただ、いきなりブラウスやスカートのようないかにも女性向けの服を着るのは、女装するのにハードルが高いです。ですので、まずはそんなに女装っぽくない服から着れば、着ていくことに慣れやすいです。
男女どちらでも着れる、あるいは履けるような服がまさにそうです。それでどこか女性っぽさを感じさせるようにすれば、女装の第一段階を突破したことになります。また、それができたら、今度はもっと女性らしい服にしていきます。そうすることで、少しずつ女性に見えるように変身していきます。女性に見えるよう変身することができれば、心まで完全に女性っぽくなります。心が女性っぽくなれば仕草やふるまいもそれに合わせるようになりますので、そうなればどんどんおもしろくなってきます。
最初のうちは女装をすることに恥ずかしさを覚えるかもしれませんがそれも慣れ次第です。慣れ次第で段々と積極的に女装ができるようになりますので、そうなるよう少しずつ変えていくのが女装の上手なやり方です。

new posts

2016年12月16日

女装という自己表現

最近、女装が趣味だという男性が増えてきているように感じます。普段の生活の中でも、大柄な女性だなと思うと男性だったということが度々あります。しかし、そういった男性が増えているのに女装を趣味とする男性への世間の風当たりはやはり強いままだといえます。私は女装に興味はありませんが、女装自体は特に悪いことであるとは思えないし、女装でなくとも日常的に化粧する男性もいます。最近ではオシャレアイテム…

2016年12月16日

女装は肩幅が目立たない服がオススメです

女装時にどうも女性っぽくならない、これはたんに胸の有る無しによるものではありません。男性っぽさと女性っぽさの一番の違いは、実は肩幅なんです。肩幅が広いとどうしても男性らしさが強調されてしまいます。ですので、肩幅が目立たないような服を選ぶのがオススメです。肩幅が目立たないと言っても、だぼだぼの服を着て隠せば良いというわけではありません。それだとかえって肩幅が目立ってしまう場合もあります…

2016年12月16日

少しずつ変えるのが女装の上手なやり方

男性の心の中に少しでも女の子の気持ちが入っているのなら、女装に興味を持ったとしてもまったくおかしくありません。服装で女の子っぽく振る舞うのは女性らしさの象徴といえますので、そのためにいろいろな服を探します。ただ、いきなりブラウスやスカートのようないかにも女性向けの服を着るのは、女装するのにハードルが高いです。ですので、まずはそんなに女装っぽくない服から着れば、着ていくことに慣れやすいです。…